お問い合わせについて お知らせとお詫び

平素より、成人看護学2講座のHPをご覧いただき、ありがとうございます。

先日、お問い合わせフォームからの問い合わせが正常に機能していないことが明らかとなりました。
こちらの手違いで、ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。
これまで、お問い合わせフォームからご連絡をいただき、こちらからの反応が全くなかった方がいらっしゃいましたら、
大変お手数ですが、今一度、ご連絡をいただけると幸いです。

なお、現在はお問い合わせフォームは正常に機能しておりますので、
何かございましたらいつでもお問い合わせいただければと思います。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

2016.12.27 成人看護学2講座 一同

床ずれケアセミナー 開催のお知らせ

2016年11月6日(日)10:00~16:00 (9:30受付開始)
下記セミナーを開催いたします。

「床ずれを予防するために自然で無駄のないあたたかい褥瘡ケアの輪を広げよう」
介助の方法が悪いために床ずれができたり、関節拘縮ができたりしている事を知っていますか?
本セミナーでは、療養者に優しく、介助者の負担を軽くする移乗、移動、ポジショニングを学びます。
人の自然な動きを観察し、体重移動を意識する事で、目からウロコの介助技術を体験しましょう!

講師:下元 佳子 氏
会場:富山大学杉谷キャンパス 医学部看護学科4階基礎看護学実習室
(富山県富山市杉谷2630番地)

その他詳細はお問い合わせ先までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
株式会社タイカ 名古屋営業所 担当:清水(しみず)
TEL 0568-86-3201 E-Mail yuji_shimizu@taika.co.jp

在宅人材育成セミナー開催のお知らせ

在宅看護学講座では、在宅人材育成セミナーを開催します。

今回は、筑波大学名誉教授の紙屋克子先生をお招きして、

『意識障害・廃用症候群患者の生活行動回復への看護』と題し、

実技演習を行います。

ぜひ、ご参加ください。

 

詳細

日時:平成25年12月7日(土)9:30~12:30

場所:富山大学看護学科研究棟 新棟4階 基礎看護学実習室

参加費:無料

定員:30名

申込み方法:下記までお問合せください

富山大学大学院医学薬学研究部寄付部門在宅看護学講座 電話:076-434-7423

 

 

 

被験者募集のお知らせ

「ポジショニングの安楽性の検証-ポジショニングの有無及び室内環境の違いによる安楽性の比較-」 についての研究の被験者を募集しています。

Ⅰ. 研究の目的
ポジショニングとは、生活するために必要な正しい姿勢保持ができるように体位を調整することであり、医療の現場ではポジショニングは幅広く行われています。さらに、ポジショニングは対象者の状況に合わせて安全・安楽を考えて体位を調整するという点でも最近注目されています。ポジショニングは、身体の筋肉の緊張が緩和されて安楽が増すように、対象者の好みの体位に整え、肘や膝などを軽く曲げるようにし、身体とマットレスの隙間をうめるようにクッションを敷きつめて行います。しかし、夏場などの暑い時期に、クッションを用いたポジショニングを行っている患者の寝衣などが発汗で濡れ、蒸れていることが多くみられます。さらに、長時間、同一体位でいることは苦痛やズレなどが生じるという報告もされており、身体的・精神的にも影響を与えます。しかし、ポジショニングの安楽性や、室内環境の違いによるポジショニングの安楽性の違いに関しては明らかにされていません。
そこで今回、ポジショニングの安楽性をみるために、ポジショニングの有無による比較検討を行い、続いて、室内環境の違いによるポジショニングの安楽性の違いを明らかにしたいと考えています。

Ⅱ. 研究の方法
測定は3回行い、以下に示すA、B、Cの各状態で測定させていただきます。測定させていただく内容は、気分の状態、皮膚の生理機能(皮膚の水分量)、皮膚と寝衣の間の温度・湿度、脳の活性状態です。3回の測定は日にちをあらためて行い、日程を調整し、前日にこちらから確認の連絡をいたします。また、測定の順番に関しては研究者側で決めさせていただきます。1回の測定は測定準備、健康状態の観察、各種質問に答えていただく時間を含めて約2時間半程度を予定しています。
<測定の流れ>
1. トイレを済ませ、指定の寝衣に着替えてから、問診票と気分の状態に関する質問票に答え ていただきます。
2. 皮膚の生理機能(皮膚の水分量)を測定します。
3. 測定機器を装着し、以下のいずれかの状態になっていただきます。
A: 過ごしやすい環境下で通常の仰臥位
B: 過ごしやすい環境下でクッションを用いた仰臥位
C:夏季を設定した環境下でクッションを用いた仰臥位
4. 5分間の安静臥床ののち、皮膚と寝衣の間の温度・湿度と脳の活性状態を2時間測定します。また、測定中は15分ごとに自覚症状の聞き取りを行います。
5. 測定終了後、気分の状態に関する質問票に答えていただきます。
6. 皮膚の生理機能(皮膚の水分量)を測定します。

研究への参加は自由意思であり、同意されなくても不利益を被ることはありませんし、一旦研究に参加されましても途中で同意を取り消すこともできます。個人情報については、調査はすべて匿名で行い、個人のプライバシー等に支障が生じることはありません。調査資料およびデータは本研究以外の目的で使用せず、本研究終了時に調査資料およびデータは破棄いたします。
十分ご理解いただき、内容に同意していただいた上で、皆様のご協力を頂きたくお願い申し上げます。

Ⅲ. 身体への影響
1回の測定で2時間程度体位を制限されるため、腰痛、筋肉痛、圧迫感、かゆみ、蒸れ等が生じる可能性があることです。このような症状があらわれ、研究の継続が困難と判断した場合は、直ちに実験を 中止します。

Ⅳ. 募集人数
応募資格にあてはまる学生10名

Ⅴ. 応募資格
1) 富山大学の学生で20歳代の男女
2) 調査当日、十分な睡眠がとられており、健康診断で異常がなく、体調の悪くない者
3) 皮膚疾患のない者

Ⅵ. 必要物品
必要な物品は当方で用意いたしますので、準備していただく必要はありません。ただし、汗をかくこ とが考えられますので、タオル等はご持参ください。

Ⅶ. 謝礼
1時間1000円

Ⅷ. 測定場所
富山大学看護棟5階成人看護学2研究室

Ⅸ. 応募方法
ご応募、ご質問などは下記の連絡先までメールでお問い合わせください。
研究責任者 富山大学大学院医学薬学研究部(医学) 成人看護学2 教授 安田 智美
E-mail:tomomi@med.u-toyama.ac.jp

第13回富山大学看護学会学術集会開催のお知らせ

2012年12月15日(土)午前10時より、杉谷キャンパス大講義室にて

第13回富山大学看護学会学術集会を開催いたします。

本年度の学術集会長は当講座の安田教授です。

午前の部は一般演題の発表を、午後からは特別講演を2題予定しております。

特別講演1は、当大学の盛永先生に「臨床における倫理」として

ご講演いただきます。

また、特別講演2では、富山県立中央病院の坂井先生に

「事例から考える臨床倫理」についてご講演いただきます。

参加費は一般(大学院生含む)が¥2,000、学生無料です。

皆さまの多数のご参加、お待ちしております。

ポスターはこちら

在宅療養セミナー開催のお知らせ

平成24年5月20日(日)に、在宅療養セミナーを開催致します。

~在宅での褥瘡(床ずれ)予防~

「褥瘡と切ってもきれないオムツと排泄のはなし」

講師 彦根市立病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 北川智美先生

「おいしい早わざ!在宅での食事と栄養」

講師 彦根市立病院 管理栄養士 小野由美先生

 

日時    平成24年5月20日(日)午後13時30分~(受付は13時より)

場所    富山大学五福キャンパス黒田講堂ホール

対象    在宅療養に興味にある一般の方、医療従事者の方

定員    300名

参加費  無料

申込みは不要です。

皆さまのご参加、お待ちしております!!

尚、このセミナーは日本褥瘡学会在宅褥瘡予防・管理師の申請資格に必要な

在宅褥瘡セミナー受講証が発行されますので、

必要な方は、下記までお問い合わせください。

 

くわしい内容についてのお問い合わせ

富山大学大学院医学薬学研究部(医学) 在宅看護学講座

担当 東海、道券   ☎076-434-7423(直通)

ポジショニングセミナー開催のお知らせ

富山大学大学院医学薬学研究部 寄付部門 在宅看護学講座では、

在宅人材育成セミナーを開催しております。

今回は、ポジショニングセミナー開催のご案内です。

平成24年3月17日(土)13時より、

本学看護学科新棟4階 基礎看護学実習室において、

「在宅での褥瘡予防 ポジショニングセミナー」を開催することになりました。

既に、富山県内の病院、訪問看護ステーションには

お知らせを配布させていただいております。

セミナーの様子は、またこちらでアップさせていただきます。

詳細についてのお問い合わせは、当講座まで。